札幌スピリチュアリスト・ブログ

スピリチュアリストとして日々感じたことや、考えたこと、書籍の紹介などを徒然なるままに記します。

東京スピリチュアリズムサークル主催の第1回読書会に参加して

f:id:tatsuf18:20180425182224p:plain

 4月14日これまで札幌の地でスピチュアリズムの普及のために人生の全てを捧げて歩んで来られた川端様とご一緒に日本の首都東京で本物のスピリチュアリストが集って開催された東京スピリチュアリズムサークルの第1回読書会に参加することが出来ました。特に川端様は、スピリチュアリズム普及会の代表世話人である小池里予様とは、お手紙では何度もやりとりされていたのですが、健康上のこともあってお会いする機会がなかったのです。8年以上に亘って毎月1~2度ご自宅を読書会のために改造されて、霊的真理を一人でも多くの方々に届けようと全身全霊を傾けて来られました。

 私は人生上の大きな悩みを抱え、「もはや地上のどこにも頼るべきものが見出せず、絶対絶命と思えた時こそ、魂が霊的真理の光に照らし出される用意が整ったのですシルバーバーチの霊訓にありますが、まさにそのような心境の中で普及会のHPに出会い、身近な札幌の地に人生をかけて霊的真理の普及のために歩まれている川端様のもとを訪ねたのです。川端様は、ご自宅そのものがまるで読書会をされるための作りにされこれまで多くの北海道在住の方々がそのお住いを訪ねて来られました。私自身一度はご自宅を訪ねて読書会に参加したものの、ちょうど読書会の開催日と仕事の日が重なることもあって、1年近く読書会に参加できずにいました。

 今から1年半程前に読書会のある土日の仕事を別の日に変えて、毎月参加できるようになり、少人数ではありましたが、毎月新しい学びの機会を得て充実した日々を送ることが出来ました。そのような中で昨年6月頃から川端様の体調がすぐれないこともあり、これからも継続して札幌の地、北海道の地に霊的真理を伝える灯台の役割を果たしてほしいとの願いを受けて昨年7月頃から、札幌シルバーバーチの会を受け継ぐことになりました。

 そんな中で4月14日に東京スピリチュアリズムサークルの第1回読書会に小池様が来られることを知り、川端様と相談し、ご一緒に参加しようという事になりました。私が付き添いであれば安心して参加できるということでご一緒出来たのです。東京の会場に着いて、もう生きて出会うことはないとお互いに思っていたという小池様と川端様の感動の出会いの瞬間に立ち会うことが出来ました。お互いに出会いを心から喜んでおられる姿を見た時にこれまで川端様が暑さの中でも冬の厳しい寒さの中でも、孤独な戦いを乗り越えて来られたことをよく知っていたので、感動のあまり涙が出そうになるのをこらえていました。

 小池様とお会いするのは2度目でしたがお話を伺うのは始めてで、これまで日本のスピリチュアリズム普及会の皆様が人生の全てを捧げて霊的真理の普及という高級霊の願いに答えて歩んで来られた結果として、日本の地にハイレベルスピリチュアリストが集う本物の読書会が誕生し、今やスピリチュアリズムの発祥の地であるイギリスにも影響を与えていること、シルバーバーチの霊訓を霊媒のモーリス・バーバネルの存命中に一緒に学んで来られたトニー・オーツセンとの交流と様々な支援の話も伺い、現実的に日本のスピリチュアリズム運動は世界の範となりつつあるのだと理解出来ました。

 日本は今、少子化が進行し急激な人口減少社会に入りつつあります。かつてジャパン・アズ・ナンバーワンと言われた経済大国に再び戻ることはもはや期待出来ません。また東日本大震災やそれに伴う福島の原発事故など多くの課題を抱えた課題先進国でもあります。こうした日本がこれから世界に貢献して行く道は一体如何なる道なのでしょうか。それはハイレベル・スピリチュアリストを数多く排出し、霊的真理の普及に世界のどの国にも増して取組むスピリチュアリズム大国となっていくことが何より求められているのではないでしょうか。

 各地で開催されている読書会は、霊界主導のスピリチュアリズム運動において高級霊が地上に働きかけることができる橋頭堡であり、そこで毎月開催される読書会で培われる人と人との絆は、まさに霊的真理を知って高級霊の道具として実践する者同士の理想の人間関係に他なりません。地上人生の真の目的に目覚めたスピリチュアリストとして永遠の絆を深め、先駆けて霊的真理を知った者として残された地上人生を駆け抜けていく決意を固めた貴重な読書会でした。北海道にはかつて、WSクラークの教えを受けて北海道開拓と精神復興運動を行った札幌農学校の方々が築いて来られた伝統精神があります。これからも札幌の地で皆様とともに霊的真理の普及と実践の足場を固めていきたいと思っています。このブログを読んで興味を持たれた方は是非、各地の読書会やスピリチュアリズム普及会のHPをご覧下さい。

 

 

「コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ」を読んで

f:id:tatsuf18:20180408190911j:plain

そのとき、人間の肉体はもはや死の横顔に屈することはなくなるでしょう。

 昨日、同書を読み終えました。霊媒であるグレース・クックがシャーロック・ホームズシリーズの著者として有名なアーサー・コナン・ドイルが死後ほぼ2年間に渡って霊界通信として伝えたメッセージをまとめたものが本書です。

 

 コナン・ドイルは20代の時から心霊学に関心を抱き、1918年から亡くなる1930年まで心霊主義者として執筆、講演などに活躍した人物です。

 

 生前のコナン・ドイルの特に後半生の心霊主義者としての活躍は、生前書かれた「コナン・ドイルの心霊学」に詳しく述べられていますが、死後霊界通信を通して送ってきたメッセージをまとめた本書は、霊媒のグレースクックがどのような人物であったか、そしてどのような経緯でこの霊界通信を届けることになったかがPART1「コナン・ドイルの出現」に詳しく述べられており、コナン・ドイル夫人の証言や語られた内容が本人でなければわからないことが数多くあり説得力を持っています。

 

 PRAT2「コナン・ドイルは語る」は、霊界通信によるメッセージの内容ですが、シルバー・バーチの霊訓の内容までは及ばないものの、魂に訴えてくる内容にあふれており生前、特に晩年にスピリチュアリズムの普及のために生涯を捧げて生きたドイルであればこそ、伝えたかった内容だと感じました。

 

以下一文だけ抜粋します。

 「人間の魂の、これまで考えられていたより豊かな生命は、これまで死んだ後にだけ存在すると間違って考えられてきましたが、じつはそれは人間の過去、現在、未来にわたる生命なのです。人間がその中で生きている、永遠の生命の一部です。それはすべての魂が生きている生命であり、瞬間、瞬間に接触している生命体です。魂が肉体の中に宿っていようと、霊的な世界のどこかの局面にいようと、それは変わりません。

 この人間の内なる霊的な生命体がいつの日か認識されて、人間の心を捉えている様々な哲学や宗教に調和をもたらし、それらを統一することになるでしょう。これこそ、本当の“普遍的な福音”です。」

 

 シャーロック・ホームズの愛読者も、そうでない方も是非一読をお勧めします。人間とはいかなる存在かについて、一層理解が深まることと思います。

 

関連ブログ・書籍の紹介

翻訳書「故郷に帰る道」|Hiroshi's World

霊性進化の道―ホワイト・イーグルの霊示

 

 

 

 

札幌シルバーバーチ読書会を主宰するようになって

f:id:tatsuf18:20180401112716j:plain

 昨年7月頃から、これまで札幌シルバーバーチの会を導いて来られたK様から託されて、札幌での読書会を主宰することになりました。最初はこれまで現実世界で行ってきた活動の責任ある立場でもあり、またスピリチュアリズムに出会ってまだそれほど年数も経っていない新参者の自分が読書会の主宰など務まるだろうかと不安な思いと自信もない状態からのスタートでした。なぜ自分のような者に天からそのような重大な願いを託されたのかを考えてみました。それは人生の転換期における大きな苦しみの中で出会ったスピリチュアリズムに対する絶対的確信と霊的真理に出会えた事への感動の深さによるのではと今は思っています。

 苦しみの具体的な内容に触れるのは控えますが、その苦しみのさなか、夜も不安で落ち着いて眠れずにいた時、シルバーバーチの「神は地上の人生を、人間であるがゆえの弱さの限界に達したかに思えた段階で、本当の強さを見出すように配剤しております。もはや地上のどこにも頼るべきものが見出せず、絶対絶命と思えた時こそ、魂が霊的真理の光に照らし出される用意が整ったのです」という霊訓の内容が電撃のように心に響き渡りました。毎日が何の不安もなく、順風満帆の人生の中でこの内容を読んだとしても、きっとあまり心に響かず忘れ去っていたと思います。その時の自分は正に苦しみの意味がわからずに、不安を抱えながらただ日々が過ぎ去るのをじっと堪えるのがやっとでした。

 そして、スピリチュアリズム普及会の存在を知り、日々そこに書かれている内容を学んでいく中で、これまで信仰をもった宗教の教義の限界を突き破り、また正しい人生の生き方の指針とすべき真理と心から思える内容に触れ、自分の内面に大きな変化が生じ、孤独と不安という状態から未来に対する明確な目標を与えられたことによる自信と確信と希望に溢れた人生へと転換されていくのを感じました。

 その後、これまでの人生航路の中で出会ってきた方々、そしてかつて一度でも札幌の読書会に参加されたことのある皆様にお手紙や、実際にお会いして今自分が確信するに至った真理の内容を、機会のある毎に少しづつお伝えするようになりました。決して押し付けではなく、お会いする方々の事情や今の人生上の課題などを伺う中で、その方のとって最も適したタイミングに応じて、高級霊の道具意識を常に持ちながら自然にお伝えするように努めております。そして何よりも自分の日々の生活の中で触れ合う人や出来事、書物の中に大霊から降り注がれている無限の愛を感じ取り、そのことに対する自然な行動が霊的真理の実践に繋がることを願っています。

 先日、再生について読書会で学んでいく中で再生の目的を改めて考えてみました。第一番目は類魂全体の霊的進化、成長のため、第2番目は、カルマの精算のためそして第3番目はスピリチュアリズムのために人生を懸けて働くスピリチュアリストならではの使命として人類救済のための人生を歩むことがあげられていました。いまこうして霊的真理に出会い、まして故郷である北海道・札幌の地で読書会を主宰する立場に立っていることを思えば、生まれる前にそのような人生を歩むことを予め決意して誕生した自分であることを再度心に留めて日々歩んでいければと精進の日々です。

 

 

 

“仏教のいのち法華経”を読んで

f:id:tatsuf18:20180322215602j:plain

  仏教徒の知人から勧められて立正佼成会の開祖として知られる庭野日敬氏の書かれた「仏教のいのち法華経」を拝読しました。庭野氏は一代で立正佼成会を創立し、一時期は信者公称約170万世帯700万人以上を擁する大教団に育てた人物であり、1979年「宗教界のノーベル賞」といわれるテンプルトン賞の日本人初の受賞者でもあります。この本の素晴らしいところは、1)なぜ宗教の信仰が必要か、2)仏教の起こりから法華経まで、3)仏教とはどんな教えかの3部構成からなり、難解な教義を事細かに述べるというよりも、仏教用語を現代人にも分かる形で書かれている点でとても優れた仏教書と言えます。私自身これまでの人生で一時期知人の紹介で仏教の教えを学び、実践しようと努力した経緯もあって、世界3大宗教と言われ、今尚多くの方々が学ばれている教えの本質は如何なるものか、以前から深い関心を持っていました。今日、瞑想やマインドフルネスなどが多くの人々や企業人にも関心を持たれていますが、元を正せば釈尊の教えに行くつくことを思えば、その本質を少しでも理解することはスピリチュアリストとしても、必要なことと考えました。

 暫く本棚に眠っていた書物でしたが、こうしたものは一気に読んでみないと本質が理解できないと思い4~5日で読み終えました。3)の仏教とはどんな教えかの部分は霊的真理という観点からは内容の一部に違和感を覚える部分もありましたが、教義をわかりやすく述べていて内容は理解することが出来ました。

 仏教の教えの中で一つ参考になったのが、苦諦についての庭野氏の解説です。庭野氏は歴史が始まってからこのかた、一貫して人間が行ってきたことは、苦から逃れる努力だったと述べます。天変地異の苦しみ、飢饉や疫病の苦しみ、老いの苦しみ、死の苦しみ、貧困の苦しみ、人間関係の苦しみに至るまで、あらゆる苦しみからのがれよう、あるいはそれを追放しようという戦いが、人類のいちばん基本的な努力であったといいます。しかし、今後も未来永劫にわたって一切の苦しみからのがれきれることはないと主張します。

 どうすればよいのか、それは苦を苦と感じないようにすれば、すでに苦は消滅したことになるというのです。苦を苦と感じない精神的革命を試みたらどうか主張します。苦を苦と感じなくなる第一の道として教えられたのが〈苦諦〉すなわち人生は苦であると悟ることだと述べています。人生において楽が常態であって、苦が異常事態と考えていると苦を非常に強く感ずる。そして苦から逃れたいとあくせくするようになります。この心の持ち方を変えて苦が常態なのであると悟れば肚がすわってきます。理性の悟りによって逃げずに苦しみと対処していくこと、これを苦諦と表現しているのです。

 霊的真理を知った私達も人生における苦しみや悲しみがなぜ尽きないのかについて、理解できずに苦しみの体験を数多くして来ました。その意味で人生が苦であり、ある意味で苦しみが生じることは必然であると霊的真理を通して知ることが出来ました。この部分においては仏教の教えと通ずるものがあります。ただ決定的な違いが一つあります。それは、スピリチュアリズムでは、人間の本質が霊であり、その本質は大霊(神)の子としてその神性を受け継いでおり、その本質である霊は永遠に生き続けて成長し続けて行く存在であること。そして苦しみは自らの本質を悟り、その苦しみに正しく対処していくことを通して鍛えられ成長するために必要なプロセスであり、苦しみの意味を理解し、地上生活という限られた時間の中で、その全体像を把握することによって初めて克服できるものであることです。

 これまで多くの人々を励まし、苦しみから解放しようとしてきた宗教者の努力の土台の上に今私達は、霊界の高級霊からもたらされた最高の叡智に触れて、短い限られた人生に何を悟り、何を行うことが大切であるかを教えられました。そのことが如何に価値あるものであるかを実感し、その本質を生き、その上で庭野氏が仏教の教えをわかりやすく表現したように本質を多くの人々にお伝えしていくこと、主体性と道具意識を持って実践していくことが問われていると感じました。

 

 

真理探求への求道の末に

f:id:tatsuf18:20180321163959j:plain

 これまでの人生を振り返ってみて、20代の頃から周りの人達と一緒に過ごしていても、何か違和感を感じることが多くありました。高校時代には、唯物論マルキシズムに強い影響を受け、体制批判のグループに入ったこともあります。ただ当時話題となった連合赤軍事件の報道や、カンボジアのクメールルージュの大量殺戮などの悲惨なニュースを目にして、共産主義の理想と現実に大きなギャップを感じて、大学に入ってからは、全く別の価値観になっていました。そしてその後も様々な組織や職場で様々な人間関係が出来るのですが、違和感を感じる点は変わりませんでした。

 20代以降は、様々な宗教的な体験や実生活の中での人との出会いを通して自分の価値観が少しづつ形成されて行きました。幼少期から色々なジャンルの書物に親しみ、自然科学、哲学、社会科学、宇宙論、物理学、歴史書、経済書、コンピューターサイエンス、自伝、成功哲学、最近はスピリチュアル関係の書物など実生活にすぐ役立つ書物というより、一般教養的なものに強く惹かれて読んで来ました。今になってみれば、最終的に霊的真理に出会ってそれを正しく理解し実践するための過程であったと思います。

 今日時代は新しいターニングポイントを迎えています。あらゆる人とモノと情報がネットワークに繋がって互いに影響を及ぼしあう超スマート社会を迎えて、人類の共有財産と言える叡智も共有されるようになって来ました。現在では、キーワードで検索すれば人は自ら必要とする知識や情報に瞬時にアクセスすることが可能になり、またこれまで出会う可能性のなかった人とSNS等のネットワークからリアルな人間関係を始めることも可能です。

 私自身、人生上の大きな悩みを抱えていた時に「シルバーバーチの霊訓」を始めとする霊的真理に出会ったのも、インターネットの検索を通してでした。ある意味で地球人類70億人が少なくても文字が読めてインターネットにつながることができる範囲ですが、ネットワークで繋がっている世界ができあがったと言えましょう。これまで閉じられた空間や環境の中で、他との比較にさらされない中で人々に影響を及ぼしてきた既成の宗教や様々な組織も、その真偽を他の組織や価値観との比較の中で淘汰される時代を迎えたとも言えます。

 つまり本物であるか否かは、圧倒的多数の人々がネットワークで繋がっているこの時代には、厳しく選別される時代が到来したということであり、それに堪えうる内容であってはじめて人々に影響を及ぼしうるということです。物理学の理論は様々な実験を通して実証されて始めてコモンセンスとなっていくように、これからは内的な真理を探求してきた宗教や思想、哲学も多くの人々の批判を克服して実証を伴って始めて認められる時代が来ました。虚偽が通じない時代がきたのです。

 シルバーバーチは、交霊会に参加された様々な人々からたくさんの質問を受けて一人一人に納得できる形で真摯に答えていきます。また示された霊的知識・霊的情報がスケール・深さ、真実性などどの点をとっても他の霊界通信よりも卓越しています。私自身これまで体験したどの宗教や思想と並べてみても、到底比較にならない深い叡智と確信を自然に与えられました。

 決して押し付けがましい教義などではなく自分の理性で判断し納得したものだけを自分の生き方の指針にしていけば宜しいのです。是非一読をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

シルバーバーチの霊訓との出会い

f:id:tatsuf18:20180321164211j:plain

 これまでの人生を振り返って見ると、多くの人々や書物、宗教との出会いを通して人生観や価値観が形づくられてまいりましたが、現在はシルバーバーチの霊訓を頂点とするスピリチュアリズムの思想体系が人生の指針となるに至りました。現在札幌でシルバーバーチ読書会を主宰して、毎月1回開催しております。

 この度、このブログを開設することにしたのは、「札幌シルバーバーチの会」のHPスピリチュアリズム普及会の助言に基いて毎月開催されている札幌シルバーバーチ読書会とそこに参加されている方々のための情報提供を中心として開設されているのに対して、個人として日々感動したことや気づいたこと、影響を受けた本の紹介などを中心とした内容を綴りたいという動機からです。

 私自身が現在の境地に至るには、人生において多くの体験を必要としました。その体験は、時にはとても辛く苦しいものであり、時には喜びと感動に満ちたものでもありました。そうした人生の旅を歩んでいる中で、なぜ人生には苦しみがあるのか、不安や時には恐怖に苛まれるのか、心の安寧はどうしたら得られるのかと葛藤を抱えて生きてきました。ある時には、そこから逃れるために逃避しようとして安易な道に行こうとしたこともありました。ただいくら本質から逃げて一時的な満足が得られても、その後に襲ってくる虚無感や不安から逃れることはできませんでした。

 今から8年ほど前に目の前が真っ暗になるようなまるで奈落の底に突き落とされるようなでき事がありました。その時、これまで日々何となくこうではないかと漠然と信じていた価値観や信仰が音を立てて崩れ去っていくのを感じました。それまで曖昧にしていた人生の究極的な目的や世界観、神の存在、死後の世界についてなど明確にしている教えはないかと探求せざるを得ませんでした。

 そして最後に出会ったものがスピリチュアリズム普及会のHPでした。キーワードは「霊性の進化・向上」であったと思います。そしてそこで紹介されている「シルバーバーチの霊訓」の中の「なぜ苦しみがあるのか」を読んだ時に涙が自然と流れて止まりませんでした。「私どもは人生の悩みや苦しみを避けて通る方法をお教えしているのではありません。それに敢然と立ち向い、それを克服し、そしていっそう力強い人間となって下さることが私どもの真の目的なのです。霊的な宝はいかなる地上の宝にも優ります。それはいったん身につけたらお金を落とすような具合になくしてしまうことは絶対にありません。苦難から何かを学び取るように努めることです。耐え切れないほどの苦難を背負わされるようなことは絶対にありません。」この部分を読んだとき、その時の自分にとっては「この霊訓の中にこそ、自分が探し求めてきた答えがある」と思えた瞬間でした。その時から、スピリチュアリストとしての自分の人生が始まりました。

www5a.biglobe.ne.jp