札幌スピリチュアリスト・ブログ

スピリチュアリストとして日々感じたことや、考えたこと、書籍の紹介などを徒然なるままに記します。

非日常の中で感じた霊性深化への道のり

 

f:id:tatsuf18:20180922164331j:plain

 2018年9月6日未明「北海道胆振東部地震」が発生しました。長い揺れではありませんでしたが大きな揺れを感じたためこれは大きな被害が出るなと感じました。地震発生から直後に北海道内全域が停電するという事態が発生し、東日本大震災の時とはまた違って災害の当事者になった感がありました。大型の台風が通過した上に震度7地震が襲った厚真町は大きな被害が出ました。また震源の近くに道内最大の火力発電所があり、そこが地震の被害で緊急停止したことで結果として道内全域のブラックアウトが起こってしまいました。

 先が見えない不安もある中で、まずは家族を始め安否の確認した後で少し体調を崩した事もあって、数日間家の中で過ごしました。私達が日常生活を不便なく送ることが出来ているのは普段あまり意識することはありませんが、電力や水を始めとした多くのインフラとそれを維持するための多くの人々の努力によって成り立っていることを実感させられました。「サバイバル・ファミリー」という映画がありますが、わずか数日ではありましたが電力や通信などのライフラインが途切れてしまうとあらゆることが非日常の世界になってしまいます。少しだけですが映画の場面と重なる光景がありました。

 普段できるだけ霊的意識を保つことを心がけているつもりの自分でしたが、災害直後はまず日常を取り戻すことに意識を向けざるを得ませんでした。2週間以上経ってようやく日常生活を送ることができるようになった今になって、災害時の自分の心の動きや行った行動、周囲の皆様との交流の中で、霊性深化に繋がることが何かないかを振り返ってみることにしました。

 霊的真理によって人間の本質が霊であり、肉体を伴った人生が終止符をうった後も霊的人生は途切れることなく永遠に続いていくことを確信している自分という存在ですが、日常生活の中では家族の一員であり、組織の構成員であり、地域社会で一定の役割を担っている存在であり、多くの人達と様々な絆で結ばれている存在でもあります。問題は霊的真理を知っている自分という存在がどのような内面の意識で日々の生活を送っていくのか、またその結果、具体的な行動にまで変化を起こすことができるのかということが問われてくるのだと思います。

 今回の災害を受けて、札幌シルバーバーチ読書会のメンバーにも主にメールを通して安否確認や何か被害がなかったか、日常生活に支障はないかなど連絡してみました。特に大きな被害に合われた方もなくて安堵するとともに、こうした非日常の出来事があっても皆様落ち着いて行動されている様子を伺い、現実にどのような出来事が起こっても霊的真理を共に学ぶ仲間がいるということがどれだけ力づけられるかを実感しました。また自分の身の周りでも災害復旧に向けて具体的な行動を起こされる方々の姿に勇気づけられることもあり、こうした時こそ日頃何を心の中心において生活しているのかが現れるのだと感じる場面もありました。

 世界的な気候変動の中にあって、日本は特に地震災害の多発地帯でもあります。今後国内のどの地域に住んでいても、大きな災害に遭遇する危険性はどなたにも存在しています。自然災害は科学技術が高度に発達した今日でも正確に予知することは出来ません。また高度な情報社会だからこそ、基本インフラが消失した時の影響は甚大です。災害への備えは、行政や地域社会、個々人においても常日頃から心がけることが大切です。

 ただそうした物質的な備えとともにより重要なことは霊的真理を知ってそれを常日頃から実践する生き方をする方が増えて行くことで、被害の拡大を少しでも緩和して、また心の安定と何かあった時に互いに助けあう社会の実現に向かっていくことができるだという確信が深まりました。この度の災害は短期間ではありましたが、多くの方々がふと立ち止まって自分の生活や生き方を見つめ直すきっかけにしていただくことが出来たら、より良い人生を送っていくための糧にしていけるのではと感じました。人生において様々な困難に直面するということは、そこで何らかの気付きを得て、それが霊性の進化向上に繋がることが出来たら、その困難に出会ったことがプラスに転じます。そのような心構えを持って霊的人生を深めて行きたいと改めて思いました。

 

 

日常生活の中での霊性向上の歩みに向けて(2)

f:id:tatsuf18:20180818104959j:plain

 

 先回に引き続き、日常生活の中での霊性向上に向けた取組みについて考えます。現実世界の問題ですが、最近の気象の動向は異常気象というよりも、世界全体が新たな気候変動の段階に至っていると感じざるを得ない様々な現実に直面しています。今年の夏は記録的な暑さとともに、降雨量も観測史上最大を記録する地域が増えるなど国内だけみても、様々な被害が生じています。世界に目を転じれば、ヨーローパ、アジア、南北アメリカ大陸などやはり気候の激変といえる状況が伺えます。また日本列島は1995年の阪神淡路大震災以降、地震や火山の活動期に入ったようにも感じます。こうした外的な自然の環境激変とともに、国家間、民族間、地域間の紛争やテロは21世紀に入っても、沈静化するどころか日々止むことはありません。

 こうした様々な困難に対して一方では敢然と立ち向かっている人々も数多く存在しています。スピリチュアリストとして日常生活を送る私達は、こうした現実世界の問題にも対処しつつ、人として生きていく上で最も価値のある霊性の向上と日々の生活の中での利他愛の実践を常に意識して生きていくことが求められています。

 私自身は、日常生活で仕事関係も含めて多くの皆様と接する機会がありますが、どのような関係においても、霊的視野からみつめていくという視点をできるだけ持つように努めています。霊的視野という言葉を別の言葉で言い換えると、その方の置かれた立場や現在の状況を永遠という観点から見つめて接するということだと思います。つまりその方の本質である霊という視点で見つめると現実の世界での関係性に大きな変化が現れるということです。

 これまで限られた物質的・現実的な視点でのみ見つめていては気づかなかった点が永遠という時の流れの中で霊的視野で見つめることによってこれまでとは違った関係性を築くことができるようになります。そして、その方の中に神の分霊としての神性を見いだせた時、きっと新しい関係性が築かれていくように思います。

 またそうした視点で、今日の身の周りで生じる自然現象や社会現象を見つめていくと今私達に求められていることは何かが見えてくるのではないでしょうか。日常生活という誰もが生きている間は続いていく時の流れの中で、ふと足を止めて静寂の中でより自らの本質に触れる時、また瞑想や深い祈りの中で高級神霊との触れ合いを持つ時、ものごとの本質が見えてくるのではないでしょうか。

 現実世界の中で目に見える形で何かを行なうということではなく、内的な世界の覚醒の中で、少しずつ日常生活をおくる自分の中に変化が訪れること、それこそが地上に生を受けて生きていることの証なのではないかと感ずる今日この頃です。またそのような心を持った方々とともに日々霊性の向上に務めることができれば、これ以上の幸福はないと感じます。これからもそのような生き方を継続していきたいと思います。

日常生活の中での霊性向上の歩みに向けて

f:id:tatsuf18:20180701115108j:plain

 自分の本質がスピリット(霊)であることを意識することは、忙しい日常生活の中では容易ではありません。ふとした瞬間に、また一人で瞑想する時間や大きな困難に直面した時は深く内面を見つめる瞬間はありますが、多くの方々と日々交わる中で、また仕事が忙しい中でそうした霊的感性を持ち続けることは困難が伴います。

 最近1ケ月程は、そんな状況が続いておりました。そこでこのブログを書くこの時間は内面を見つめる時間にしようと思います。自分の状態が霊的感性を保って生きているかどうかの一つの尺度として一日の初め(朝起きた瞬間)や一日の終り(眠る瞬間)自分の心の中をどのような思いが中心を占めているかということがあります。

 人間は地上人生においては、どうしても物理的な時間の制約の中で生きて行く必要があるため、瞑想する時間や霊的真理を学ぶ時間、祈りを通して自分の霊の向上、神や高級霊に思いを寄せる時間も限られた時間の制約下にあります。地上の宗教においては、ユダヤ教のように一週間に一度は安息日を設けて、その日は神と自分との関係性を再確認し、そこから新しい一週間を始めるという宗教もあります。

 スピリチュアリズムの霊的真理を通して、地上人生において最も価値ある人生とは何かをそれぞれの基準に応じて知る機会を与えられたスピリチュアリストにおいても、理性においては、何が地上人生において最も大切なことであるかは理解されている方が殆どだと思いますが、日常生活の中で自然とその内面が霊主肉従の状態を継続して保ち続けられる方はまだそれほど多くはないと推察されます。

 スピリチュアリズム普及会のHPのスピリチュアリズム思想[Ⅲ]の6.より高次の霊的人生を歩むための秘訣を再度拝読してみました。その中で道具意識(自らを神と高級霊の道具として捧げ、積極的な自己滅私によって奉仕に専念しようとする姿勢)、犠牲精神(人類の幸福のため、あるいは大義のために自分自身を喜んで犠牲にする姿勢)、霊的視野(霊的真理に立った見方・考え方)の3つの秘訣について書かれています。

 もちろん霊的真理を多くの方々にお伝えすることは、スピリチュアリストとしての最大の責務であり、地上人生の目的でもあります。ただ地上人生を歩んで行く中では、日常多くの方々と接し、家庭においても仕事においても様々な局面で自らの役割を果たしていかなくてはならないことも事実です。3つの秘訣の中で、特にどのような局面においても自分の内面を占める思いが霊的視野にたっているかどうかを確認するすることは比較的実践しやすいように思います。

 それは自分も含めて人の本質は霊であり、霊的成長、霊性の向上進化こそがどのような人間にとっても地上人生の最大の目的であるということを意識して接することだと思います。そのような意識を持つことによって、ともすれば利害関係や表面的な合う合わないといった感情に陥りそうになった時にふと立ち止まることができるようになって来ます。それは、多くの方と接する機会が多い人でも努力することによって少しづつ身についていくのではないでしょうか。何か特別なことをするというのではなく、当たり前に毎日人と接する日常の営みの中でも霊的人生を歩む自分に気づくことは出来るように思います。

 霊性の進化・向上というのは、地上人生はもちろん、霊的世界に入ってからも永遠に続いていく人としての歩みですが、日常生活の一つ一つの出会いや、出来事を大切に捉えて自分の発する言葉や行いの中に僅かでもそのことに繋がる生き方ができるような自分となるべく、これからも学びを深めてまいりたいと思います。

 

 

 

 


 

 



東京スピリチュアリズムサークル主催の第1回読書会に参加して

f:id:tatsuf18:20180425182224p:plain

 4月14日これまで札幌の地でスピチュアリズムの普及のために人生の全てを捧げて歩んで来られた川端様とご一緒に日本の首都東京で本物のスピリチュアリストが集って開催された東京スピリチュアリズムサークルの第1回読書会に参加することが出来ました。特に川端様は、スピリチュアリズム普及会の代表世話人である小池里予様とは、お手紙では何度もやりとりされていたのですが、健康上のこともあってお会いする機会がなかったのです。8年以上に亘って毎月1~2度ご自宅を読書会のために改造されて、霊的真理を一人でも多くの方々に届けようと全身全霊を傾けて来られました。

 私は人生上の大きな悩みを抱え、「もはや地上のどこにも頼るべきものが見出せず、絶対絶命と思えた時こそ、魂が霊的真理の光に照らし出される用意が整ったのですシルバーバーチの霊訓にありますが、まさにそのような心境の中で普及会のHPに出会い、身近な札幌の地に人生をかけて霊的真理の普及のために歩まれている川端様のもとを訪ねたのです。川端様は、ご自宅そのものがまるで読書会をされるための作りにされこれまで多くの北海道在住の方々がそのお住いを訪ねて来られました。私自身一度はご自宅を訪ねて読書会に参加したものの、ちょうど読書会の開催日と仕事の日が重なることもあって、1年近く読書会に参加できずにいました。

 今から1年半程前に読書会のある土日の仕事を別の日に変えて、毎月参加できるようになり、少人数ではありましたが、毎月新しい学びの機会を得て充実した日々を送ることが出来ました。そのような中で昨年6月頃から川端様の体調がすぐれないこともあり、これからも継続して札幌の地、北海道の地に霊的真理を伝える灯台の役割を果たしてほしいとの願いを受けて昨年7月頃から、札幌シルバーバーチの会を受け継ぐことになりました。

 そんな中で4月14日に東京スピリチュアリズムサークルの第1回読書会に小池様が来られることを知り、川端様と相談し、ご一緒に参加しようという事になりました。私が付き添いであれば安心して参加できるということでご一緒出来たのです。東京の会場に着いて、もう生きて出会うことはないとお互いに思っていたという小池様と川端様の感動の出会いの瞬間に立ち会うことが出来ました。お互いに出会いを心から喜んでおられる姿を見た時にこれまで川端様が暑さの中でも冬の厳しい寒さの中でも、孤独な戦いを乗り越えて来られたことをよく知っていたので、感動のあまり涙が出そうになるのをこらえていました。

 小池様とお会いするのは2度目でしたがお話を伺うのは始めてで、これまで日本のスピリチュアリズム普及会の皆様が人生の全てを捧げて霊的真理の普及という高級霊の願いに答えて歩んで来られた結果として、日本の地にハイレベルスピリチュアリストが集う本物の読書会が誕生し、今やスピリチュアリズムの発祥の地であるイギリスにも影響を与えていること、シルバーバーチの霊訓を霊媒のモーリス・バーバネルの存命中に一緒に学んで来られたトニー・オーツセンとの交流と様々な支援の話も伺い、現実的に日本のスピリチュアリズム運動は世界の範となりつつあるのだと理解出来ました。

 日本は今、少子化が進行し急激な人口減少社会に入りつつあります。かつてジャパン・アズ・ナンバーワンと言われた経済大国に再び戻ることはもはや期待出来ません。また東日本大震災やそれに伴う福島の原発事故など多くの課題を抱えた課題先進国でもあります。こうした日本がこれから世界に貢献して行く道は一体如何なる道なのでしょうか。それはハイレベル・スピリチュアリストを数多く排出し、霊的真理の普及に世界のどの国にも増して取組むスピリチュアリズム大国となっていくことが何より求められているのではないでしょうか。

 各地で開催されている読書会は、霊界主導のスピリチュアリズム運動において高級霊が地上に働きかけることができる橋頭堡であり、そこで毎月開催される読書会で培われる人と人との絆は、まさに霊的真理を知って高級霊の道具として実践する者同士の理想の人間関係に他なりません。地上人生の真の目的に目覚めたスピリチュアリストとして永遠の絆を深め、先駆けて霊的真理を知った者として残された地上人生を駆け抜けていく決意を固めた貴重な読書会でした。北海道にはかつて、WSクラークの教えを受けて北海道開拓と精神復興運動を行った札幌農学校の方々が築いて来られた伝統精神があります。これからも札幌の地で皆様とともに霊的真理の普及と実践の足場を固めていきたいと思っています。このブログを読んで興味を持たれた方は是非、各地の読書会やスピリチュアリズム普及会のHPをご覧下さい。

 

 

「コナン・ドイル 人類へのスーパーメッセージ」を読んで

f:id:tatsuf18:20180408190911j:plain

そのとき、人間の肉体はもはや死の横顔に屈することはなくなるでしょう。

 昨日、同書を読み終えました。霊媒であるグレース・クックがシャーロック・ホームズシリーズの著者として有名なアーサー・コナン・ドイルが死後ほぼ2年間に渡って霊界通信として伝えたメッセージをまとめたものが本書です。

 

 コナン・ドイルは20代の時から心霊学に関心を抱き、1918年から亡くなる1930年まで心霊主義者として執筆、講演などに活躍した人物です。

 

 生前のコナン・ドイルの特に後半生の心霊主義者としての活躍は、生前書かれた「コナン・ドイルの心霊学」に詳しく述べられていますが、死後霊界通信を通して送ってきたメッセージをまとめた本書は、霊媒のグレースクックがどのような人物であったか、そしてどのような経緯でこの霊界通信を届けることになったかがPART1「コナン・ドイルの出現」に詳しく述べられており、コナン・ドイル夫人の証言や語られた内容が本人でなければわからないことが数多くあり説得力を持っています。

 

 PRAT2「コナン・ドイルは語る」は、霊界通信によるメッセージの内容ですが、シルバー・バーチの霊訓の内容までは及ばないものの、魂に訴えてくる内容にあふれており生前、特に晩年にスピリチュアリズムの普及のために生涯を捧げて生きたドイルであればこそ、伝えたかった内容だと感じました。

 

以下一文だけ抜粋します。

 「人間の魂の、これまで考えられていたより豊かな生命は、これまで死んだ後にだけ存在すると間違って考えられてきましたが、じつはそれは人間の過去、現在、未来にわたる生命なのです。人間がその中で生きている、永遠の生命の一部です。それはすべての魂が生きている生命であり、瞬間、瞬間に接触している生命体です。魂が肉体の中に宿っていようと、霊的な世界のどこかの局面にいようと、それは変わりません。

 この人間の内なる霊的な生命体がいつの日か認識されて、人間の心を捉えている様々な哲学や宗教に調和をもたらし、それらを統一することになるでしょう。これこそ、本当の“普遍的な福音”です。」

 

 シャーロック・ホームズの愛読者も、そうでない方も是非一読をお勧めします。人間とはいかなる存在かについて、一層理解が深まることと思います。

 

関連ブログ・書籍の紹介

翻訳書「故郷に帰る道」|Hiroshi's World

霊性進化の道―ホワイト・イーグルの霊示

 

 

 

 

札幌シルバーバーチ読書会を主宰するようになって

f:id:tatsuf18:20180401112716j:plain

 昨年7月頃から、これまで札幌シルバーバーチの会を導いて来られたK様から託されて、札幌での読書会を主宰することになりました。最初はこれまで現実世界で行ってきた活動の責任ある立場でもあり、またスピリチュアリズムに出会ってまだそれほど年数も経っていない新参者の自分が読書会の主宰など務まるだろうかと不安な思いと自信もない状態からのスタートでした。なぜ自分のような者に天からそのような重大な願いを託されたのかを考えてみました。それは人生の転換期における大きな苦しみの中で出会ったスピリチュアリズムに対する絶対的確信と霊的真理に出会えた事への感動の深さによるのではと今は思っています。

 苦しみの具体的な内容に触れるのは控えますが、その苦しみのさなか、夜も不安で落ち着いて眠れずにいた時、シルバーバーチの「神は地上の人生を、人間であるがゆえの弱さの限界に達したかに思えた段階で、本当の強さを見出すように配剤しております。もはや地上のどこにも頼るべきものが見出せず、絶対絶命と思えた時こそ、魂が霊的真理の光に照らし出される用意が整ったのです」という霊訓の内容が電撃のように心に響き渡りました。毎日が何の不安もなく、順風満帆の人生の中でこの内容を読んだとしても、きっとあまり心に響かず忘れ去っていたと思います。その時の自分は正に苦しみの意味がわからずに、不安を抱えながらただ日々が過ぎ去るのをじっと堪えるのがやっとでした。

 そして、スピリチュアリズム普及会の存在を知り、日々そこに書かれている内容を学んでいく中で、これまで信仰をもった宗教の教義の限界を突き破り、また正しい人生の生き方の指針とすべき真理と心から思える内容に触れ、自分の内面に大きな変化が生じ、孤独と不安という状態から未来に対する明確な目標を与えられたことによる自信と確信と希望に溢れた人生へと転換されていくのを感じました。

 その後、これまでの人生航路の中で出会ってきた方々、そしてかつて一度でも札幌の読書会に参加されたことのある皆様にお手紙や、実際にお会いして今自分が確信するに至った真理の内容を、機会のある毎に少しづつお伝えするようになりました。決して押し付けではなく、お会いする方々の事情や今の人生上の課題などを伺う中で、その方のとって最も適したタイミングに応じて、高級霊の道具意識を常に持ちながら自然にお伝えするように努めております。そして何よりも自分の日々の生活の中で触れ合う人や出来事、書物の中に大霊から降り注がれている無限の愛を感じ取り、そのことに対する自然な行動が霊的真理の実践に繋がることを願っています。

 先日、再生について読書会で学んでいく中で再生の目的を改めて考えてみました。第一番目は類魂全体の霊的進化、成長のため、第2番目は、カルマの精算のためそして第3番目はスピリチュアリズムのために人生を懸けて働くスピリチュアリストならではの使命として人類救済のための人生を歩むことがあげられていました。いまこうして霊的真理に出会い、まして故郷である北海道・札幌の地で読書会を主宰する立場に立っていることを思えば、生まれる前にそのような人生を歩むことを予め決意して誕生した自分であることを再度心に留めて日々歩んでいければと精進の日々です。