札幌スピリチュアリスト・ブログ

スピリチュアリストとして日々感じたことや、考えたこと、書籍の紹介などを徒然なるままに記します。

「文明は〈見えない世界〉がつくる」から見える文明の変遷とスピリチュアリズム(3)

 

f:id:tatsuf18:20181108194317j:plain

 先回まで、松井孝典氏の著書「文明は〈見えない世界〉がつくる」の中から、現代人が到達しつつある世界観(相対性理論量子論等)について学んで来ました。そこでわかってきたことは、宇宙を支配している物理法則が少しでも違うものだったら現在の人間も地球も宇宙も存在しなかった可能性が高いという事実でした。

 現代科学は、これまで様々な宗教が主張してきた原因存在の「神」の存在を否定して、現実の事象を観察しそこから得られる知見を基礎にして発展してきました。理論モデルを立てて、それを実験や観察で実証することで確かだと思えることを追求してきたのです。ただ、そこで見えてきたものは追求すればするほど何も原因がないところから全て偶然に発生したり、存在することはあり得ないという結論でした。

 偶然でないとしたら「明確な目的をもった存在による知的働きかけ」が現在の宇宙や地球、そして人間と言う存在を成り立たせているということを示しています。ここでスピリチュアリズム普及会のHPの神についての部分に以下の説明があります。

(4)神認識に関するさまざまな見解と問題点/1.神について

(4)神認識に関するさまざまな見解と問題点より

「無形のエネルギーの大海から粒子が発生し、ミクロの次元を上昇するにともない一定の物体を形成していくプロセスには、「明確な目的性に基づく知的働きかけ」があるはずであるとの考えが生まれました。科学者の中には、不可分なエネルギーのパターン(大海)が宇宙全体でダイナミックな織物をなしている、との認識をする者が現れるようになりました。その織物を形成する方向性を決定しているのが、全知全能の「神」であることは言うまでもありません。」

 松井氏の著書は現在科学でわかっていることをわかりやすく整理し、現在我々が知的に理性的に理解できる世界の姿をできる範囲で忠実に表現してくれました。更にマクロからミクロに至る全てを説明できるかもしれない超弦(ひも)理論の登場は、上記の普及会のHPで書かれているように神(原因者)の存在を示唆するものと考えることができます。

 人類は、これまでの歴史を通して知性(理性)を通して目に見えるものの背後にある〈見えない法則〉を探求して来ました。そして今日我々を取り囲む世界が如何なる世界であるかをより深く理解するに至りました。量子論によれば観測者である人間の意志や観測するという行為自体が物質の究極的な単位である電子や素粒子の動きに影響を与えることまでわかってきました。そして我々が物質だと感じているものは実はその究極的な姿が実に不安定な存在(どこに存在しているかわからない)であることを突き止めました。

 ただ結論を言えば、理論的にいくら説明しようとしても、同じ現象を見ても人によって捉え方が違うように神の存在や霊的世界の存在を実証することは現在の人間には不可能です。ただこうした思考実験を通して、目に見えるものが全てであり、肉体を伴った人生が終われば全てが終わるという唯物的な価値観や、全てが偶然に発生して偶然に進化してきただけだという進化論や無神論の主張してきた考え方もその科学的な根拠を失いつつあるということです。最終的には何を信じるかということになるのですが、心の中の真実の声に従って生きるという生き方こそ、我々が目指すべき生き方なのではないでしょうか。

 

 

「文明は〈見えない世界〉がつくる」から見える文明の変遷とスピリチュアリズム(2)

 

f:id:tatsuf18:20181104150143j:plain

 前回松井孝典氏の著書「文明は〈見えない世界〉がつくる」の第3章の新たに出現した〈見えない世界〉の超弦理論の登場の部分まで紹介しました。理論の詳細を論じるのは、このブログの意図するところではないのでここでは避けますが、単純化して言えば現在発見されている100を超える素粒子の基本粒子は17種類なのですが、この理論によればそれは「ひも」の振動状態の違いとして見分けられているにということです。「ひも」をヴァイオリンなどの楽器の弦だと考えれば、弦の振動が奏でる音色や音の高低の違いが基本粒子であるということになります。そしてこの超弦理論は、マクロな宇宙空間に当てはまる一般相対性理論とミクロな極微の世界の法則を表した量子論を一つの公式であらわすことができる大統一理論になるのではないかと言われています。

 ここまでは現代物理学の到達しつつあることの解説でした。ここから第4章「宇宙論における人間原理と文明」に至って松井氏の文明論が展開されます。我々のいる宇宙がどういった宇宙であるかが、マクロの世界においてもミクロの世界のおいても明らかになればなるほど、科学者たちはある疑問を持たざるを得なくなるといいます。「宇宙はなぜこのような宇宙なのか」という疑問に対してオーストラリア生まれの数学者・宇宙論学者のハーマン・ボンディはミクロなサイズの物理量、我々のサイズの世界の物理量、宇宙の性質に関わる物理量から基本となる物理量7つを選び出しました。ここで重要なことはそこで偶然現れてきた10の40乗という数字が電磁力と重力の比、宇宙の半径と古典的な意味での電子の半径の比、宇宙の質量と陽子の質量の比を表していることを突き止めたのです。(これを「奇妙な偶然の一致」=コインシデンスといいます)これはミクロの世界の特性が、宇宙全体というマクロな世界の特性を決めていることを示しているといいます。

 ミクロとマクロ、その両方の〈見えない世界〉を記述化していく中で得られた物理を支配する定数が、この宇宙の全体像を決めるものであるとしたら我々はそれをどう捉えればいいのか。1974年にブランドン・カーターは「宇宙は(それゆえ宇宙の性質を決めている物理定数は)ある時点で観測者を創造することを見込むような性質をもっていなければならない。」と述べています。ここでは〈見えない世界〉を見ようとする、人間という観測者を生むような宇宙であるという点に、この宇宙の存在理由があるのだとしています。

 そしてもう一点興味を持ったのが、アメリカの建築家であり、思想家のバックミンスター・フラーの文明論です。1963年に発表した「宇宙船地球号の操縦マニュアル」でフラーは持続可能な文明のあり方と、そこにおける人類の果たす役割について述べています。フラーは20世紀に入って人口爆発、資源の枯渇によって宇宙船のデザイン全体に影響を及ぼす問題が発生したことにより、宇宙船の自動運行あるいは、存続が危うくなってきたといいます。地球全体を扱う操縦マニュアルを確立するためには専門化した知性(学問)を総合的に統括し、全体を考えることが必要になってきたというのです。

 何故フラーは、超物質的な宇宙に重きを置くのか。それは、この〈見えない世界〉こそが、我々が直面している文明の問題を解く鍵を握っているからだとします。超物質的な宇宙の力で物質的な宇宙をコントロールすること、これが文明の危機を回避するために唯一の道であり、我々人類の責務なのだーとフラーは主張します。さて、話が文明論になってきたところで、長くなりましたので、次回第4章「宇宙論における人間原理と文明」の解説とスピリチュアリズムの示す世界観について述べたいと思います。

 

 

 

 

 

「文明は〈見えない世界〉がつくる」から見える文明の変遷とスピリチュアリズム(1)

 

f:id:tatsuf18:20181103214822j:plain

 ここ数回、日常生活の中で感じた霊性の進化への道のりや神の摂理の絶対性への確信と日々の生活について考察して来ました。今回は、少し話題を変えて、今年に入って読んだ書物の中で、様々なインスピレーションを受けた書物についての考察とスピリチュアリズムに照らしての私見を述べることに致します。

 今年の4月くらいに読んだ本で松井孝典氏の著書「文明は〈見えない世界〉がつくる」についてです。松井氏は現在千葉工業大学惑星探査研究センター所長で専攻は比較惑星学、アストロバイオロジー、文明論です。この本は2017年1月に岩波新書として発刊された本で一般の方にもわかり易く宇宙論や文明論を展開されています。

 私自身ずっと以前から物理学や宇宙論には興味を持っていたので、松井氏の著書は読ませていただいていました。書店でこの本が目に止まったのはタイトルの「文明は〈見えない世界〉がつくる」という興味を引くものであったためです。読み進むにつれて何度も共感する箇所があり、本は赤線だらけになってしまいました。

 「はじめに」の中で、アインシュタイン特殊相対性理論「運動している場合には、時間や空間が伸び縮みする」によってスマートフォンなどに内蔵されているGPSは正しく作動し、私達は位置情報サービスを受けることができているという部分があります。人工衛星と地上で流れる時間には違いがあり、それを補正するため使用されているのがアインシュタインの理論であるということです。

 「法則」とか「原理」とか呼ばれるものは言葉や数式といった形で我々の前に姿を表しますが、そうしなければ決して目にすることは出来ません。考えることでしかたどり着かない〈見えない世界〉はひっそり存在するそれらのものを求めて人類は1万年に亘り思考と思索を繰り返して来たといいます。人類の歴史とは、自然を〈見える世界〉とするならば、〈見える世界〉の奥にある〈見えない世界〉を追い求める旅だといいます。自然の原理とは何か、何がこの世界のルールを決めているのか、それらの謎を解くための旅が人類の歴史だとしています。

 スピリチュアリズム普及会のHPでスピリチュアリズムの思想Ⅱの「神について」ー(4)神認識に関するさまざまな見解と問題点の3)現代科学と神認識の中で「20世紀に入り、ニュートン物理学の大前提とされていた物質観(*物質とは一定の質量と容積を持つもの)に根本的な修正が加えられることになりました。」と書かれていますが、正に現代を代表する多くの科学者の価値観が、これまで当たり前とされてきた常識を覆し単純な唯物論的世界観や、進化論的世界観では説明できな事象が多く見出されるようになってきたのです。

(下記スピリチュアリズム普及会のHPを参照下さい)

(4)神認識に関するさまざまな見解と問題点/1.神について

 ここでは、あまり科学的な知見を詳述することは避けますが、アインシュタインが宇宙規模のマクロな世界における〈見えない世界〉つまり時空における運動の正体をリーマン幾何学を用いてモデル化することに成功したのが特殊相対性理論一般相対性理論の内容でした。これに対して、それまでの科学技術では決して捉えることのできなかった極微とも言うべきミクロの世界における〈見えない世界〉の法則を明らかにしつつあるのが量子論です。具体的なスケールで言えば、光で見える宇宙の果ては、10億✕10億✕10億mというスケールです。一方素粒子標準模型が描く世界は、10億✕10億分の1mのスケールです。実は更に極微の空間スケールも考えられていて、我々が経験で知ることが出来る世界の下の10の36乗分の1という空間スケールになると時間や空間が量子力学的に不確定になってしまい、物理学的には意味のない(幻想に過ぎない)ものになってしまうといいます。

 今日この一般相対性理論量子論を結びつける究極の大統一理論として注目されているのが超弦理論です。少し長くなりましたので、この超弦理論からは次回に譲ることに致します。

神の摂理の絶対性への確信と日々の生活について(2)

f:id:tatsuf18:20181011224347j:plain

 休日を利用して、シルバーバーチの霊訓「霊的新時代の到来」を読み返しています。読み進む中で、納得する部分、身近な体験と結びつけながら確信を深めていました。二章の「蒔いたタネが実りをもたらすのです。」の最初の部分で「不動の信念を持って人間としての正しい生活を送れば、きっとその恩恵に欲することができます。このことに例外はありません。・・それが宇宙の摂理なのです。その摂理に調和しさえすれば、必ずや良い結果が得られます。」とシルバーバーチが述べている部分があります。

 これまで、関わりのある方々で少しづつですが霊的真理をお伝えする機会がある方に、スピリチュアリズムについて、シルバーバーチの霊訓について語ってまいりました。その時には、すぐ理解できなくてもいつかわかっていただける時が来ることを信じてお伝えしてまいりました。その中のお一人で、定期的に自宅に用事で来られる方がいました。既に2年近く、自宅に来られる度に短い時間でしたが、伝え続けてまいりました。その方が、ある時に知り合いの方の中にシルバーバーチの霊訓に興味をお持ちの方がおられると伺いました。そしてその方を紹介していただくことが出来ました。

 直接お伝えした方は勿論ですが、数年して間接的に準備された方とお会いする機会を得て、今後も引き続き共に霊的真理を学んでいくということが可能になりました。この出来事を通じて、神の摂理を信じて、その摂理に調和していくことで結果が想像もしない形で訪れるのだと改めて確信致しました。

 人は何かに努力を傾け始めるとすぐに目に見える結果を求めがちです。スピリチュアリズムを信じて日々霊的真理を糧に生活している私達においても、その点は同じです。そして時には無力感を感じたり、確信を持ち続けることが出来なくなることもあります。この度のことを通じて、結果が出るまでに時間がかかっても、また求めた内容ではなくても、必ず良い結果が現れるということを実感致しました。

 シルバーバーチは別の箇所で「代価を払わずして価値あるものを手にいれることはできないということです。」と述べています。この代価というものは何かと考えた時、日常生活で接するあらゆる人との出会い、その時々に自分の接し方や話す内容、更にはその方との信頼関係を保つための努力、そうした一見見過ごしてしまいがちな小さな生活の一コマ一コマが実は良い結果をもたらすタネになっているというという実感です。そして、こうした日常生活の中に現れる摂理の絶対性への確信が、その摂理を創造された神(大霊)への絶対的な確信となっていくと感じます。

 今回は、自分の身近な体験を通して神の摂理への絶対的な確信とそのことがもたらした現実について報告させていただきました。是非、皆様も日常生活の中に“神の摂理”の素晴らしさを実感していただければ幸いです。

神の摂理の絶対性への確信と日々の生活について

 

f:id:tatsuf18:20181005045608j:plain

 スピリチュアリズムの他の宗教との決定的な違いは、神についての考え方、この世界をどのように見つめるかにその特色があります。最近身近な人間関係の中で、特に神の摂理に対する絶対的な確信に基づく行動が事態を大きく好転させていくことを体験する機会がいくつかありました。

 スピリチュアリズムの本質は、これまで人類が求め続けてもついには最終的な答えに辿り着くことができなかった霊的真理を霊界側の高級霊の働きかけによって霊界通信という方法で現代人でも納得できる内容として人類にもたらされたということだと思います。世界三大霊訓といわれるアラン・カルディックの「霊の書」、ステイントン・モーゼスによる「霊訓」、そして完成形が「シルバーバーチの霊訓」です。これ以外にも1848年以降、多くの信頼に足る高級霊からの通信が届けられ人類を啓発し続けています。

 人類はこれまで地上に誕生した世界三大宗教と言われるキリスト教、仏教、イスラム教を始め数えきれない宗教(その三大宗教自体も教義や宗派の違いで互いに対立しあってきた)の何かに属することによって地上生活を行う上で訪れる様々な困難を克服しようとしてきました。霊的真理は一つしか存在せず、死後その一つの真理が支配する霊界で生活するようになるまで無数に存在する地上の宗教のどれかに属するか、唯物的な考えで過ごすか、何も考えずに現実だけを見て生きていくか、いずれにせよ本来のあるべき生き方ができなかったといえましょう。その霊的真理に対する無知が今日の争いの絶えない世界を作ってきたと言えましょう。

 スピリチュアリズムは、我々が肉体の五感で感じられる現実世界は存在の一側面に過ぎず、波動(バイブレーション)の異なる世界が現実と交錯するように存在しており、異なるバイブレーション間の通信が霊媒という存在によって可能になることを科学技術が発達した現代の人間でも自分の理性で納得できることを実証しつつある運動であると言えます。初期の段階では、ラップ現象や霊の物質化現象など霊の存在を霊界側から証明しようとする段階でしたが、19世紀後半から20世紀にかけて世界三大霊訓のような霊的真理そのものを伝える段階になって今日に至っています。

 スピリチュアリズム普及会では、スピリチュアリズムが明らかにした真実の神観について以下のページで詳細に述べられています。

1.神について……スピリチュアリズムが明らかにした真実の神観

この中で、神は摂理を通して世界を支配しているという項目があります。これまでの既存の宗教とスピリチュアリズムの大きな違いの一つにこの内容があると思います。

 この詳しい内容は後で述べることにして、物質世界にも法則があるように霊的世界にも絶対的な法則があって、そのことを正しく理解してそれを実践することによって様々な困難に立ち向かっていくことができることをシルバーバーチの霊訓と出会ってから少しづつ体験する機会がありました。一般的な感覚からすると絶対絶命とも思ってしまうような事態や中々超えられない人間関係の壁を、自分の本質が霊であること、利他の精神で生きること、神の摂理に対する絶対的な確信によって乗り越えて来れたように思います。

 人間は、自分を取り巻く環境が自分の願わない方向に行った時に、不安を感じ、その不安や恐怖から逃れるために良からぬ方向に向かってしまうことが多くあります。正しい世界観、神観に基づく神の摂理への絶対的な信頼と確信は、不安や恐怖を取り除き現実世界を好転させていきます。次回は、霊的真理をより深く理解することによって自分を取り巻く環境をどのように好転させていくことができるかを考えてまいります。

 

非日常の中で感じた霊性深化への道のり

 

f:id:tatsuf18:20180922164331j:plain

 2018年9月6日未明「北海道胆振東部地震」が発生しました。長い揺れではありませんでしたが大きな揺れを感じたためこれは大きな被害が出るなと感じました。地震発生から直後に北海道内全域が停電するという事態が発生し、東日本大震災の時とはまた違って災害の当事者になった感がありました。大型の台風が通過した上に震度7地震が襲った厚真町は大きな被害が出ました。また震源の近くに道内最大の火力発電所があり、そこが地震の被害で緊急停止したことで結果として道内全域のブラックアウトが起こってしまいました。

 先が見えない不安もある中で、まずは家族を始め安否の確認した後で少し体調を崩した事もあって、数日間家の中で過ごしました。私達が日常生活を不便なく送ることが出来ているのは普段あまり意識することはありませんが、電力や水を始めとした多くのインフラとそれを維持するための多くの人々の努力によって成り立っていることを実感させられました。「サバイバル・ファミリー」という映画がありますが、わずか数日ではありましたが電力や通信などのライフラインが途切れてしまうとあらゆることが非日常の世界になってしまいます。少しだけですが映画の場面と重なる光景がありました。

 普段できるだけ霊的意識を保つことを心がけているつもりの自分でしたが、災害直後はまず日常を取り戻すことに意識を向けざるを得ませんでした。2週間以上経ってようやく日常生活を送ることができるようになった今になって、災害時の自分の心の動きや行った行動、周囲の皆様との交流の中で、霊性深化に繋がることが何かないかを振り返ってみることにしました。

 霊的真理によって人間の本質が霊であり、肉体を伴った人生が終止符をうった後も霊的人生は途切れることなく永遠に続いていくことを確信している自分という存在ですが、日常生活の中では家族の一員であり、組織の構成員であり、地域社会で一定の役割を担っている存在であり、多くの人達と様々な絆で結ばれている存在でもあります。問題は霊的真理を知っている自分という存在がどのような内面の意識で日々の生活を送っていくのか、またその結果、具体的な行動にまで変化を起こすことができるのかということが問われてくるのだと思います。

 今回の災害を受けて、札幌シルバーバーチ読書会のメンバーにも主にメールを通して安否確認や何か被害がなかったか、日常生活に支障はないかなど連絡してみました。特に大きな被害に合われた方もなくて安堵するとともに、こうした非日常の出来事があっても皆様落ち着いて行動されている様子を伺い、現実にどのような出来事が起こっても霊的真理を共に学ぶ仲間がいるということがどれだけ力づけられるかを実感しました。また自分の身の周りでも災害復旧に向けて具体的な行動を起こされる方々の姿に勇気づけられることもあり、こうした時こそ日頃何を心の中心において生活しているのかが現れるのだと感じる場面もありました。

 世界的な気候変動の中にあって、日本は特に地震災害の多発地帯でもあります。今後国内のどの地域に住んでいても、大きな災害に遭遇する危険性はどなたにも存在しています。自然災害は科学技術が高度に発達した今日でも正確に予知することは出来ません。また高度な情報社会だからこそ、基本インフラが消失した時の影響は甚大です。災害への備えは、行政や地域社会、個々人においても常日頃から心がけることが大切です。

 ただそうした物質的な備えとともにより重要なことは霊的真理を知ってそれを常日頃から実践する生き方をする方が増えて行くことで、被害の拡大を少しでも緩和して、また心の安定と何かあった時に互いに助けあう社会の実現に向かっていくことができるだという確信が深まりました。この度の災害は短期間ではありましたが、多くの方々がふと立ち止まって自分の生活や生き方を見つめ直すきっかけにしていただくことが出来たら、より良い人生を送っていくための糧にしていけるのではと感じました。人生において様々な困難に直面するということは、そこで何らかの気付きを得て、それが霊性の進化向上に繋がることが出来たら、その困難に出会ったことがプラスに転じます。そのような心構えを持って霊的人生を深めて行きたいと改めて思いました。

 

 

日常生活の中での霊性向上の歩みに向けて(2)

f:id:tatsuf18:20180818104959j:plain

 

 先回に引き続き、日常生活の中での霊性向上に向けた取組みについて考えます。現実世界の問題ですが、最近の気象の動向は異常気象というよりも、世界全体が新たな気候変動の段階に至っていると感じざるを得ない様々な現実に直面しています。今年の夏は記録的な暑さとともに、降雨量も観測史上最大を記録する地域が増えるなど国内だけみても、様々な被害が生じています。世界に目を転じれば、ヨーローパ、アジア、南北アメリカ大陸などやはり気候の激変といえる状況が伺えます。また日本列島は1995年の阪神淡路大震災以降、地震や火山の活動期に入ったようにも感じます。こうした外的な自然の環境激変とともに、国家間、民族間、地域間の紛争やテロは21世紀に入っても、沈静化するどころか日々止むことはありません。

 こうした様々な困難に対して一方では敢然と立ち向かっている人々も数多く存在しています。スピリチュアリストとして日常生活を送る私達は、こうした現実世界の問題にも対処しつつ、人として生きていく上で最も価値のある霊性の向上と日々の生活の中での利他愛の実践を常に意識して生きていくことが求められています。

 私自身は、日常生活で仕事関係も含めて多くの皆様と接する機会がありますが、どのような関係においても、霊的視野からみつめていくという視点をできるだけ持つように努めています。霊的視野という言葉を別の言葉で言い換えると、その方の置かれた立場や現在の状況を永遠という観点から見つめて接するということだと思います。つまりその方の本質である霊という視点で見つめると現実の世界での関係性に大きな変化が現れるということです。

 これまで限られた物質的・現実的な視点でのみ見つめていては気づかなかった点が永遠という時の流れの中で霊的視野で見つめることによってこれまでとは違った関係性を築くことができるようになります。そして、その方の中に神の分霊としての神性を見いだせた時、きっと新しい関係性が築かれていくように思います。

 またそうした視点で、今日の身の周りで生じる自然現象や社会現象を見つめていくと今私達に求められていることは何かが見えてくるのではないでしょうか。日常生活という誰もが生きている間は続いていく時の流れの中で、ふと足を止めて静寂の中でより自らの本質に触れる時、また瞑想や深い祈りの中で高級神霊との触れ合いを持つ時、ものごとの本質が見えてくるのではないでしょうか。

 現実世界の中で目に見える形で何かを行なうということではなく、内的な世界の覚醒の中で、少しずつ日常生活をおくる自分の中に変化が訪れること、それこそが地上に生を受けて生きていることの証なのではないかと感ずる今日この頃です。またそのような心を持った方々とともに日々霊性の向上に務めることができれば、これ以上の幸福はないと感じます。これからもそのような生き方を継続していきたいと思います。