札幌スピリチュアリスト・ブログ

スピリチュアリストとして日々感じたことや、考えたこと、書籍の紹介などを徒然なるままに記します。

困難な時こそ希望に満ちた人生への大転換のチャンス

f:id:tatsuf18:20201003142138j:plain

新型コロナ禍の中で訪れる精神的な危機

 9月の特に後半は、日常の生活が怒涛のように過ぎ去っていく毎日で、本日久しぶりに1ケ月を振り返りつつ、ブログの記事を作成しています。先回のブログで因果律の問題と人々の意識の変化について考察しました。今回は、大局的な視点というより、個の内面の視点から最近感じていることを書かせていただきたいと思います。新型コロナウィルスがもたらした変化は、国際情勢や経済面だけにとどまらず、知らず知らずの間に個人の内面に大きな変化をもたらしつつあることを、このところ強く感じています。
 これまで、当たり前にように接してきた家族や身近な人との交流が緊急事態宣言後は不要不急の外出を避けるということで制限されて、精神的に孤立する人が多くなってきています。一方でこれまでは外部との適度な接触があることによって保たれてきた家族の中やパートナーとの関係が在宅勤務が増えることで軋轢が生まれたりと精神的なストレスが増大しているケースも増大しているように感じます。いずれの場合も、私達の日常が如何に繊細なバランスの上で成り立っていたかを示しています。ある意味でコロナ禍が始まる前から潜在的に抱えていた問題が表面化したとも言えます。これまでは、大きな問題として感じなかったことが人生観を変えてしまうような大きな出来事になってしまった方もおられるのではないでしょうか。
 私自身を振り返ってみると「スピリチュアリズム」に出会ったタイミングは、外部環境の急激な変化とそれに伴う精神的なプレッシャーに心の安定が損なわれそうになった時期と重なります。それまでは、漠然と考えていた日々の歩みの拠り所となるその時までの人生観、価値観だけでは乗り越えがたい試練に遭遇して、より普遍的な真理や価値観を求めざるを得なくなったのです。目に見える現実だけが全てではなく、その現実の背後には目には見えなくても、普遍的な法則(摂理)が存在していること、そしてどんなに困難に見える現実問題にも必ず乗り越える道があることをシルバーバーチの霊訓を始めとした「スピリチュアリズム」と出会うことによって確信に至ることが出来ました。その意味では、苦しみを伴う現実も自分の人生を転換し、次のステップに成長させてくれるかけがえのない体験であったと、後になって実感しました。

物質中心の世界観の限界
 人類史を俯瞰してみると特に霊的真理が集中的に人類にもたらされた19世紀後半から1980年頃までの期間は霊界主導の地球人類救済計画の中でも2000年前のナザレのイエスの存命の期間に匹敵する重要な期間であったと思います。その間、2度の世界大戦を経て、多くの困難と苦しみを人類は体験しました。それから40年を経た今日、私達人類は次のステップに向けた産みの苦しみの中に置かれているように感じています。これまでこのブログでも述べて来たように、科学技術の発達に伴う経済成長の負の遺産でもある地球規模の気候変動の脅威、情報通信技術の高度化による利便性の向上や経済のグローバル化負の遺産でもある格差の増大や、国家間の対立や人々の分断、プライバシーの侵害の問題など数多くの課題が私達の身の回りには存在しています。
 こうした問題の根源を探ってみると究極的には大多数の人々の持つ物質偏重の世界観に行き着きます。現実社会の中で生きていく以上、自分の人生を豊かなものにするためには経済的な裏付けが必要であり、そのための努力が不可欠であるのは当然のことです。問題は、今歩んでいる地上人生の究極的な目的は霊性の進化・向上にあるという霊的真理に基づく人生観への転換です。日々の慌ただしい毎日の中で、目の前の現実が大きく見えてしまうのは致し方ないことです。私自身、ほぼこの1ケ月の間、内面を深める時間が中々とれずに、少し精神的なゆとりを失ってしまっていました。ただ結果として、どんなに現実問題に意識を集中して問題の解決を図ろうしても、壁にぶつかることが多々あります。そのような時に、事態を打開する道は、究極の真理に基づく人生観、価値観を土台とした生き方に行き着きます。

霊的真理との出会いと人生観の大転換

 これまでの人生を振り返ってみて、劇的な環境の変化や通常の努力だけでは乗り越えがたい大きな試練に遭遇した時に究極の真理としてのスピリチュアリズムに出会うことが出来ました。何とか眼前に立ちはだかる困難を乗り越えようとして、試行錯誤を繰り返し、時には絶望するような状況の中で一筋の光を求めて彷徨う中でスピリチュアリズムに出会い、シルバーバーチの言葉に救われた自分がありました。これまで多くの思想や宗教との出会いがありましたが、心の底から納得できない、腑に落ちないと感じて来ました。それが、高級霊からの深遠なメッセージに触れた時に、身体に電流が流れるような衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。それは、永遠に続く神の摂理に基づく悠久な宇宙の流れと現実の地上生活を歩む自分の人生が交差した瞬間でした。どんなに乗り越えがたい困難が立ちはだかっているように思えても、神の摂理の中で歩んでいる自分がその道を正しく歩んで行くならば必ず道が開かれるに違いないと確信が持てたのです。その時を境に自分の人生観、価値観は大転換し、真っ暗に見えた現実が未来への希望の道に変わって行きました。それは、まさに天から一筋の光が暗闇の中で彷徨う魂に注がれた瞬間でした。その時から私にとって新しい霊的人生が始まったのです。

 最後に人生を希望に変えたシルバーバーチの言葉の一部を下記に引用させていただきます。

 ーーーーーーーーーーー

スピリチュアリズム普及会発行の「スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ」

第8章 霊的真理は不変です より引用

「生半可な知識は危険であるとよく言われますが、時として知識が多すぎても危険であることがあります。その知識が間違っている場合はとくにそうです。

ある種の知識が脳を占領してしまうと、知性がその脳を通して自由に思考するゆとりが無くなります。その意味で、学び直すべきことや捨てなければならないことが沢山ある“聖職者”を、わたしは気の毒に思います。その思想は人工の砂を基盤としているために、霊的真理の攻勢を受けて、今、揺らぎはじめたその砂上の楼閣を守ろうと必死になっております。

建て方を間違っているのです。ナザレ人イエスのまわりに作り話を寄せ集め、ついに生命の大霊の座に祭り上げてしまいました。しかし、基盤そのものが間違っておりますから、いつかはそれを改めなければならない事態に至ります。が、イザ改めようとすると恐怖心が湧いて出ます。そこで、彼らはキリスト教の教義には何一つ改めるべきものは残されていない――そんなものは有り得ないと言い張っているのですが、それは“事実”ないしは“自然の法則”を基盤としている場合にのみ言えることです。

わたしたちが、地上へ舞い戻ってきた理由はそこにあります。すなわち、いかなる人物であろうと、いかなる書物であろうと、いかなる教会であろうと、いかなる指導者であろうと――それが地上の存在であっても霊界の存在であっても――たった一つのものに盲従してはいけないこと、それよりも大霊が定められた大自然の摂理に従いなさい――これだけは絶対に誤ることがなく、絶対に正しいから、ということを説くためです。

わたしたちが大自然の摂理、それのみを説く理はそこにあります。それをスピリチュアリズムとお呼びになるのは結構です。ただし、あくまでもそれが大霊の定められたものであること、その働きは地上の物的生命も死後の霊的生命も含めた宇宙のあらゆる界層に及んでいることを理解した上ならば、ということです。

地上人類は指導者(リーダー)というものを必要以上に重んじすぎます。そしてその真価を超えた誇張をしてしまいます。そこから神学という厄介なもの――科学者にとって、思想家にとって、そして又、本来ならば自由闊達で理性が承知しないものは受け入れたくない誠実な人にとって、大変厄介なものをこしらえてしまったのです。

わたしたちが大霊の摂理を強調する理由はそこにあります。それを正しく理解することによって、すべての知識が生かされるのです。それだけは決して科学者や哲学者や自由思想家、その他いかなる分野の人の知性も反発させることはありません。永遠にして不変・不易の大霊の働きを基盤としているからです。

皆さんは今、霊界での審議会で用意された叡智がこのわたしを通して届けられるのをお聞きになっていらっしゃるのです。それを広めることによって地上人類の叡智と理解力とが増すにつれて、生活が大霊の御心にそったものとなるでしょう。摂理にのっとったものとなるでしょう。地上世界の悲劇と飢餓、苦労と心痛は、すべてその摂理に従った生き方をしていないところから生じていることを悟るようになるでしょう。その理解が深まるにつれて大霊の庭の美しさを見えなくしている醜い雑草が無くなっていくことでしょう。

それを目標としてわたしたちは、人類の魂を解放し、精神を自由闊達にするだけでなく、物的身体も自然の法則と調和した健康を享受(エンジョイ)できるようにしてあげようと努力しているのです」

 ーーーーーーーーー

少し、長い引用となりましたが、より詳しい内容をお読みになりたい方は、スピリチュアリズム普及会の第2公式サイト(スピリチュアリズム・ブックス)をご覧下さい。高級霊から、地上人に送られたメッセージをそのまま読むことが出来ます。人生における様々な試練や苦しみの中で、歩まれている皆様が霊的真理に触れることによって、今抱えている問題を乗り越えて行かれるヒントになれば幸いです。

 

スピリチュアリズム普及会 第2公式サイト スピリチュアリズム・ブックス

www5e.biglobe.ne.jp

 

※本年9月22日にスピリチュアリズム普及会のユーチューブの公式チャンネルが公開されましたので下記をご紹介します。

www.youtube.com